工事監理

工事監理は、建物の安全性や品質を確保するため、建物が設計図通りに工事されているかを管理する業務です。工事監理者がお客様の代理人として、着工から竣工、アフターケアまでを責任を持って管理にあたります。工事段階では施工者から提出された施工計画を検討し、助言・確認を行います。施工中には適宜検査を実施し、第三者の視点で管理に当たります。

業務の内容

  • 品質の確保
    工事内容の厳しいチェックを行い、高品質な建物を実現します。
  • コスト管理
    工事金額を精査し、妥当な金額かどうかの査定を行います。
  • 工程管理
    建設工事のスケジュールを監理し、期日通りのお引き渡しをお約束します。
 
 
 

 

投稿日:2018-05-28 更新日: